まゆげのゲームレビュー

閃の軌跡レビュー・考察ブログです

【ストリートファイター5】トライアル攻略 ファルケ

 ストリートファイターⅤのトライアルコンボの攻略情報です。

 

前置きと当ブログの表記

はじめに

初心者に向けた解説を意識しています。くどい説明はご了承ください。

大前提として、できない課題はオプションメニューの『課題を確認する』を注意深く観察してみましょう。

トライアルのレシピは、技をつなぐ順番のみが記載されており、微歩きや前ステップ、後ろ下がりなどの移動に関する項目は記載されておりません。本ブログでは、こういった必要な行動は緑字でレシピに加筆しています。

また、目押しでつなぐか技をキャンセルしてつなぐかの記載もありませんので、まずはどちらで技をつなぐかを確認しましょう。当ブログでは技名を色分けして目押しは赤キャンセルは青で技名を色分けしていますので参考にしてください。

 

レシピの表記について

ジャンプ:J

立ち:立

しゃがみ:屈

パンチ:P

キック:K

コマンドはテンキー表示

 ↖↑↗                   7 8 9

← →  ⇒       4  6

 ↙↓↘                   1 2 3

例えば、波動拳コマンドであれば↓↘→Pなので、236Pと表記します。

 

レシピの文字の色について

赤字:前の技が終わったら目押ししてつなぐ

青字:前の技をキャンセルしてつなぐ

緑字:レシピには記載されていないが必要な行動

 赤字の技は、タイミングを見計らう必要があります。この部分は、キャラによってもコンボレシピによってもタイミングが異なるので難しい部分となります。特にレシピ中の【赤字赤字】などの部分はタイミングを覚えることが必要です。通常技は連打することでつながることも多いので、連打にも頼っていきましょう。

青字の技は、前の行動中に先行して入力するので、入力精度と入力速度が求められます。しかしながら、入力操作に慣れてしまえばキャラ等によらず一気に入力してしまえばいいだけなので簡単とも言えます。例えば、レシピ中の【赤字青字】や、【赤字青字青字】などは一気に入力してもコンボが繋がります。(溜めキャラは、先行入力を済ませることで溜め時間を確保してコンボを繋いだりします。)

難しいコンボは、どの技が目押しで、どの部分がキャンセルなのかを理解することで攻略の糸口が見えてきます。そういった目的のため、レシピ中の技を色分けしていますので是非参考にしてみてください。

 

vol.3

1.立弱K>[立弱Pサイコクーゲル]

 適当に中P辺りをホールドしておきます。立弱Kから立弱Pに繋ぐタイミングを覚え、立弱Pを押したら即中Pを離します。

 

2.屈弱K>[屈弱Pサイコシュナイデ]

 特筆なしです。

 

3.J強P>立中P>[立中Kカタプルトサイコアングリフ]

 立中P、立中Kは連打でも大丈夫です。技が見えたら次の技を連打します。

 

4.立中P(カウンター)>[立強PEXカタプルト]>[サイコクーゲルシュテルケン]サイコシュピッツェ

 立強Pは連打で大丈夫です。EXカタプルトを入力したら即適当なパンチボタンをホールドし、相手が目の前に落ちてきたらボタンを離し、Vトリガーキャンセルします。サイコシュピッツェは連打で大丈夫です。

 

5. 立弱K(カウンター)>立中P立中Kサイコシュナイデサイコアングリフサイコフリューゲル

 立中P、立中Kは連打でも大丈夫です。

 サイコアングリフの2ヒット目でCAの入力を開始するとちょうどよくキャンセルされると思います。

 

6. J強P>[立強Pサイコカノーネシュテルケン]>[サイコシュピッツェサイコシュロートサイコパンツァー]

 適当に弱P辺りをホールドしてから始めます。

 

7. J強K>[立強Kシュテルケン]ブラウクラレ立中P>[立中Kサイコトロンベサイコシュロートサイコパンツァー]

  Vトリガー後の通常技(赤字部分)は連打で大丈夫です。

 

8. シュテルケン>[J強P>サイコイェーガー]>[立強PEXカタプルト]>[サイコパンツァーサイコシュロート]

 EXカタプルトで浮いた相手をサイコパンツァーで拾います。サイコパンツァーは即サイコシュロートにキャンセルします。

 

9. サイコアングリフ>[立強K(カウンター)>サイコクリンゲ]立中P>[立中Kサイコトロンベカタプルトサイコシュトゥルムサイコフリューゲル]

 最初のVトリガーは当てません。

 立中K以降は全てキャンセルで繋ぎます。

 

10.J強P>屈強Pサイコクーゲルシュテルケン微歩きブラウクラレ立中P>[立中Kサイコシュロートサイコパンツァーサイコフリューゲル]

 なんでこんな意地悪なことするんだ筆頭のコンボです。

 最初に弱Pあたりをホールドしておきます。

 Vトリガー発動後、本当にわずかに前歩きして3強Kを出します。微歩きがないと立中Pが繋がらず、歩きすぎると3強Kが繋がりません。微歩きと言っても歩きのモーションが確認できないくらいの微歩きです。Vトリガーの演出中に6に入れっぱなしにして、演出が終わったらごくわずかにそのままにしてから3強Kを入れるイメージです。かなりシビアだと思います。

 

vol.4

1. J強P>立中P>[屈強Pサイコカノーネ]>[立中Kサイコシュナイデサイコフリューゲル]

 立中P後はレバーを2に入れっぱなしにし、サイコカノーネを出したらニュートラルにします。サイコカノーネの硬直は意外と短く、相手のよろけも長く、立中Kのリーチも長いので意外と簡単に立中Kは繋がります。立中K以降はキャンセルで繋ぎます。

 

2. [立中K>サイコクーゲル]>[屈中Kシュテルケン]>[屈中Pサイコパンツァー]

 適当に弱Pあたりをホールドしておきます。立中K以降はレバーは2に入れっぱなしです。全てボタン連打>モーション見えたら次のボタン連打というやり方で繋がります。